生きる覚悟と死ぬ覚悟

16552527500.jpeg


こんにちは~🌼

新しいスマホカバーです♥
これまで使っていたのが壊れたので…
今まで無地かチェックか
小さい花柄のカバーしか
使ったことなかったけど、
今回はこんな可愛い感じのにしました🐇
何歳になっても
可愛いものが大好きです😁


今日はがんになってからの変化?を
書いてみたいと思います

がん告知の日を境に、人生は一変します!
わたしだけでなく、
ほぼすべてのがん患者さんが
そうだと思います。

生きるために
痛い検査や苦しい治療をうける。
検査結果を聞くときは
もしも悪い結果だったら、
という不安とのたたかい。
どこか痛かったり具合が悪いときには
再発の恐怖におそわれる。
一度でもがんになった人は
多かれ少なかれ、
こんなことがつきまとうと思います。
生きるために、そんないろんなことを
乗り切る覚悟がいります。

そして、
がんになったら
やっぱり死を身近に感じます
医学はすごい勢いで進歩しているので
がんの治療方法や治癒薬も💊
どんどん新しく良いものが出てきて
がん=死ではなくなっています😉
そもそも
がんにならなくても
わたしたちはみんないつかは
死ぬから…致死率は100%(笑)

それでも昔テレビで見た
ドキュメンタリー…
がりがりに痩せて痛くて苦しんで
死んでいくがん患者さんを思い出したり、
やっぱり、いつかこのがんで
死んでしまうのかな~とか、
おばあちゃんになることが
当たり前だと思ってたけど、
おばあちゃんになる前に
死んでしまうかも、とか
ちょっぴり思ったりしてしまいます。

がんになってから
一度も泣いたり落ち込んだりしていなくて
ふつうに食べて寝て笑って
暮らしているわたしでも
たまにそんなことを思い、
いつ死んでもいい生き方をしよう!と
あらためて決意したり☺️

がんになったら
その日から
生きていく覚悟と
死んでいく覚悟が
いっぺんに必要になるような…
そんな感じがしています✨

ところで
わたしの通う病院では
必要な情報はあらゆる医療スタッフが
共有しているみたいで、
たとえば抗がん剤の日の採血は
手の甲からしか出来ないのだけど
(腕の血管は残しておく)
検査室ではわたしから告げなくても
今日は治療の日ですね、
手の甲から採血しますね~と
状況をわかっておられる。
1日に千人以上の外来患者さん来るのに
なんで分かるのかな?
カルテにシールでも貼ってあるのか?と
思うわたし😲
(電子カルテやし、笑)

体重をはかるときに
ほんのちょっとつまずいたら
大丈夫ですか!ゆっくりでいいですよ
と、そばのスタッフにいたわられる。
若いころから
何もない場所でつまずいたり
段差もないのに足をくじくのは
得意なんだけど…😂
抗がん剤の前に体重はかりに来てると
わかっておられるので
(これはファイルに入ってる用紙でわかる)
ふらついたと思って、とても心配される。

ちなみに地元のクリニックでも
(皮膚科や循環器内科)調剤薬局でも
先生や看護師さん、薬剤師さんたちに
それはそれはいたわられ親切にされます。
がん患者になると
こんな対応されるんだなって
驚く毎日です
大病だから?と落ち込むのではなく
親切にしてくれてありがとう~
お姫様になった気分やわ~👑って(笑)
単純にありがたく❤️思ってます😉


長くなりましたが💦
心身ともに元気にしています😉
次の抗がん剤まであと5日ほどなので
また好き放題に食べようと思ってます
体重はふえる一方だけど…🐷

最後までお読みくださって
ありがとうございます🍒



スポンサーサイト