最後の点滴、そしてこれから

16575662670.jpeg


こんにちは~🍧

昨日はTC療法6回めの日でした💉
これで、術後の治療は終了!

主治医からは毎回
はなさんも頑張ってるし
はなさんの体もよく頑張ってるよ!
と褒められてました☺️

いつも血液検査の結果が良く
(白血球や赤血球、腎臓や肝臓など)
耐えられないような副作用もなくて😉
抗がん剤の量を減らすこともなく
延期や中止にもならないまま
6回めまで予定通り完遂できて
とても喜んでくれました❤️
というのも
なにかしらトラブルが出て
途中で中止になってしまう患者さんが
けっこう多いそうです💧

ただラストの抗がん剤を打ったのは
昨日なので…
これからが副作用の本番💦
最後に大きなトラブルが
ないように願いつつ、
無理せず
のんびりしていようと思います
(いつものんびりしてるけど😁)


昨日は主治医から
これからの経過観察のスケジュールを
教えてもらいました

抗がん剤6回終わったので
次回は血液検査のほかにCTを。
(抗がん剤スタート前にも撮りました)

基本的にCTは半年に1回撮るそうで
診察のたびにみていく
腫瘍マーカーの数値が上がることがあれば
そのタイミングでCTを急遽
早く入れることもある、とのこと。

腫瘍マーカーは血液検査でわかり
わたしは3種類みてもらってます
(がんでない方も高めに出たり
がんでも上がらない場合があるようです)

16575868040.jpeg


写真が暗いし、しわくちゃ~😅
下の3つが腫瘍マーカーです
今はすべて正常だけど
これからはこの数値に
一喜一憂するのかなあ~
でも、ささいな変化には動揺せず
どんと構えていたいです😉

これから1年間は1ヶ月に1回、
2年めは2ヶ月に1回…と
診察の間隔を少しずつのばしながら
5年で卒業💐だそうです

がんになったら、手術して終わり
じゃないんだな~
まだまだ病院と縁が切れないんだなあと
あらためて実感します😅
再発しないで
5年後に笑顔で卒業できるように
がんばろう~!

といっても今まで通りの暮らしかた
だと思います~
ストイックな食事療法とか
わたしには続かないし(断言😁)
野菜やきのこ類は
もともとたくさん食べてるから、
気づいたときに免疫力あげる
ヨーグルトでも追加するとか😋
疲れないように無理をしないとか、
そのくらいかな?
ゆるゆるっと暮らしてゆきたいです❤️


いつもお読みくださって
ありがとうございます
楽しい一日を🍉



スポンサーサイト



自分で決める治療(追記あり)

16481721450.jpeg


職場の方から
いただいた可愛いカード💐
むかし、黄色い小鳥と暮らしていたので
懐かしいような…
ほんわか気分になります🥰

表にはあたたかいメッセージを
いっぱい書いてくれていて
本当にありがたく♥️
入院のときには持参して
心の支えにしようと思っています


1月の手術で
がんは取りきれました
骨盤内のリンパ腺も全て異常なく
転移もありませんでした😉

とったがん細胞は
いろいろ検査するらしく…
わたしのがんは大人しい性質で
ほとんどの検査で
再発の可能性は低いという結果。
ただ、1項目だけ
再発は中リスク、という結果が😥

全てが低リスクという結果なら
経過観察のみでOK。
逆に中リスクがいくつもあったり
高リスクだったら
再発リスクを下げるために
ぜひ抗がん剤を、となるそう。

わたしの場合
中リスクが1つだけ。
再発リスクを下げるために
抗がん剤をうける(半年間)か、
経過観察のみか。

これからどうするかを
自分で選ぶことになりました😱

抗がん剤って
やっぱり副作用が怖い~😰
髪の毛も抜けるし
抵抗力も落ちる。
わたしのように
人と接する仕事は続けにくい。
せっかく手術がんばって
がんのない状態なのに、
何もしなくても再発しないかもなのに、
それでも治療うける?

でも、もし治療うけなくて
すぐに再発したら
あのとき抗がん剤うけておけば良かった、
って、すごく後悔すると思うし
やれることは全部やっておくべきでは?

いや、でも
抗がん剤うけても
100%じゃないから
苦しい思いして結局は
再発する可能性だってある。

家族とか身近な人に相談…?
でも最終的に
決めるのは自分!
わたしの人生だから✨

そんな葛藤があったけど
少しでも再発の可能性を
減らすために
抗がん剤をうけることに決めました💉

急いで治療をという状況ではないので、
主治医に相談して
まず
お仕事の引き継ぎを
優先させてもらいました。

夫の仕事の都合で
家でひとりになる時間が長いこと、
自宅から病院まで少し遠いので
何かあったときが心配なことも
相談して…
本来は通院治療なんだけど、
1回目の治療は
入院で受けさせてもらえることに
なりました🏥
(2回目からは通院です~🚌)

そしていよいよ、
入院の日が近づきました!
病院はWi-Fi環境にないので
しばらく更新できないと思うけど
またみなさまのブログに
早くうかがえるのを楽しみに、
がんばってきます~☺️


追記🌷
ここまで書いてアップしたのですが
状況がかわりました
先生から電話があり
わたしも先生も
入院当日の抗がん剤のつもりで
すでに病室も決まっていたのですが、
入院での化学療法の決まりごとが
いろいろあり…
(入院翌日にしか治療できなかったり
休薬期間が決まっているから
2回目からも同じ曜日になることなど)
予定通り入院したら
主治医ではない
別の先生が毎回治療、に
なることが発覚!

このまま入院して知らない先生に
かわるくらいなら
最初からずっとみてもらっている
主治医に治療を託したい、と思い
入院をキャンセルしてもらいました。
そして、1回目も通院でいいので
予定通りの日に主治医に抗がん剤を
お願いすることに。
今までみんな通院治療だから
入院での治療スケジュールが
主治医もよくわからなかったみたい。
ごめんね~🙏💦と。
こちらが無理をお願いしてたので
仕方ないですね😉
2週間前から検温したり
入院用の書類を大量に書いたり
いろいろ準備してたけど…😅
こんどは治療期間中
できるだけ快適に
家ですごせるように
考えていこうと思います🏠


長くなってしまいました💦
最後までお読みくださって
ありがとうございます🍓




病気の経緯 5

16443697940.jpeg


病室からの夕景です


病気の経緯4からの続きです

手術室では
昨日お部屋に来てくれた
麻酔科の先生たちが待っていて
声をかけてくれました。
「帽子つけるね!
シャワーキャップみたいでしょ😉」
と笑顔の看護師さんたちに囲まれて
あっという間に心電図や血圧計を装着。
麻酔の先生が点滴を入れて
酸素マスクをして
何度か深呼吸しただけで
意識はなくなりました

次に気づいたときは
まわりにいっぱい人のいる気配がして
38度3分!とか大きな声がしていて💦
たぶんICUに
移動したときだったんだと思います。

真子ちゃん先生の声がして
「はなさん~!
ちょっと長くかかったけど、
無事に終わったからね☺️」
夫が声をつまらせながら
「はなちゃん、よくがんばったなあ!
もう大丈夫やから😢」
看護師さんが
「手術、無事に終わりましたよ~
今は午後6時半です☺️」

まだ誰にも返事はできなかったけど
耳ははっきり聞こえてたので、
あ~終わったんだな~
えっ、6時半?
朝9時からの手術やったのに?
と、心の中でびっくりしました😱

ICUでは
一睡もできなかったです😥
みんな手術や麻酔や鎮痛剤(麻薬)の
影響?で吐いたり苦しんだりしてるし、
信じられないほどの大いびきをかいてたり
(それも麻酔のせいかも?)
いろんな機械の音もあちこちから💦
わたしも酸素マスク外せる時間になって
外してもらったとたんに
まくら元の機械が鳴りまくり😥
即また酸素をしてもらったり…

ICUの看護師さんは
水を飲めないかわりに
うがいをさせてくれたり、
汗を拭いてくれたり、
暑いと言ったら
毛布をタオルケットに代えてくれたり
ひと晩中ほんとうにお世話になりました♥

そして翌日のお昼には
もとの病棟に車いすで移動。
手術室まで見送ってくれた
担当看護師さんが
「おかえり~😆」と出迎えてくれて
あ~帰ってこれた~と嬉しくなりました♥️

手術は9時間かかったそうです😱
予定よりかなり長引いて
ずっと待っていてくれた
夫と母は
生きた心地がしなかったそう💦
わたしは若いころにも
お腹の手術をうけているので
(もちろん良性の病気でしたが)
癒着がひどくて
はがすのに
かなりの時間がかかったそうです。
腸どうしも癒着していて
急きょ外科の先生も来て
手伝ってくれたそう😥

夫と母には
ほんと心配かけてしまいました😢
(コロナ禍で全ての病棟で面会禁止だけど
ICUだけは1人だけ&数分だけ
入れたみたいで、上記のように
夫が顔をみにきてくれました)

手術のときの組織検査の結果が
まだ出ていないので
今後の治療はどうなるか分からないけど、
今はとりあえず
体をいたわりながらも
少しずつ体力を
とり戻していきたいと思います✨

入院中は
救急病棟とICU以外
ずっと4人部屋でした。
いろんな仲間に出会って
笑ったこと、楽しかったことも
てんこ盛りにありました😂
次からはそんな話や
ふつうにお弁当やごはんの記事も
また書いていきたいです

長いのに
最後までお読みくださって
ありがとうございました🙏



病気の経緯 4

16442118960.jpeg


病院の朝ごはん🥛
いつも熱いものは熱く
冷たいものは冷たく
運ばれてきました🥗


病気の経緯3の続きです

手術の前日に
またまた入院しました

入院したらさっそく
翌日の手術にむけて
準備がはじまります。
吐く人もいるほど
まずくて強力な下剤をのんだり
(一晩中トイレ通いで
お腹空っぽになりました😅)
看護師さんといっしょに
ICUに持っていく荷物をまとめたり、
血栓予防に履く弾性ソックスの
サイズをはかってもらったり…

手術を担当してくれる
麻酔科の先生(ふたり)も
それぞれ来てくれました☺️

そして
先月退院してから
ひと月ぶりくらいに主治医と会って
(外来は担当医の日に行くので
主治医とは入院中しか会えない)
また、よろしくお願いします❤️のご挨拶。

そういえば
主治医はTBSアナウンサーの
田村真子さん似?だから
ブログでは勝手に真子ちゃん先生と
呼ぶことにします(笑)

真子ちゃん先生は
顔色もよくて元気そうでよかった~!
明日は私も一生懸命がんばるから
いっしょにがんばりましょうね!
って☺️

そして何か心配なことはないか
聞いてくれたので
ドラマでよく見る、
手術でお腹を開いたら
予想以上にがんが広がっていて
手をつけられずに
そのままお腹を閉じるような可能性は
あるのか聞きました😥
そうしたら
術前の検査では
そんなことはないと思ってるけど、
実際に開いてみて
小さいがんが散らばっていたりしたら
そのまま閉じる可能性も
絶対にないとは言えない、とのこと。

もう手術することは
しっかり覚悟してるけど
お腹を開いただけ、ってことには
なりたくない~って
それだけが手術前の望みでした🙏

そして手術当日。
朝はやくから来てくれた夫と母に
ガラス越しに手を振って
(コロナ禍で家族も面会できない💦)
病棟の看護師さんに連れられて
歩いて手術室へ。
ちょうど担当の看護師さんで
前日からいっぱい話していたので、
緊張しないで行けました🚶‍♀️
看護師さんは手術室に
いっしょに入って
ギリギリまでそばにいてくれて、
がんばってね!病棟で待ってるから!と
声をかけてくれました♥️

そしていよいよ手術が始まりますが
またまた長くなったので
いったん終わります💦
次こそ、病気の経緯は終われるかなあ😂


いつもお読みくださって
ありがとうございます🍎






病気の経緯 3

16439629690.jpeg


点滴いったん
外れたときの写真かな~
またすぐ再開するために
針は入れたまま…
指先のは酸素濃度はかるやつ
(たぶん😉)
可愛いワンちゃんのテープで
留めてくれてます🐶


病気の経緯2から、続きです😉

入院中にした
すべての検査結果が出揃ったので
年末にひとりで結果を聞きにいき…

子宮体がんの宣告をうけました

でも
目の前が真っ暗になるとか、
ショックで先生の話が
頭に入らないとか、
涙がこぼれるとかが、
いっさいなくて
やっぱりそうなんだ~!っていう感じ🙂

入院中ずっと
担当医、主治医のふたりが
みてくれていたのですが
(どちらも若くて可愛い女医さんです♥️)
ゆっくり覚悟できるように
してくれていたお陰だとおもいます
このことはまた
別の記事に書きたいと思っています😉

そしてもう
すでに手術の日が決まってました!

病院には手術室が20近くあるけど
すべての手術室が
一日中フル稼働していて、
早く予約しておかないと
かなり先になってしまう、
なので結果が出るのを待たずに
手術室をおさえてくれていたそう。

こうして1月に
子宮、卵巣、卵管、骨盤内のリンパ腺を
とる手術が決定しました。
これまでの検査では
ステージ1a(初期)と思われるけど
お腹を開いてみて
ステージ1bがうたがわれたら
もっと広い範囲のリンパ腺と
腸をおおっている大網膜?も
とってくる、とのこと😰

手術時間は早くて4時間
長ければ6時間、
術後はICUに入ることなど説明をうけ、
同意書(手術や輸血やいろいろ)に
何枚もサインして、
術前のレントゲンや麻酔科受診
PCR検査の予約などをしてもらって
病院をあとにしました

子宮体がんは
女性ホルモンにかかわる病気なので
ホルモン剤で出血を止めることができず、
でも止血剤で止まるとも思われず、
手術までのあいだ
何の治療もできなくて。
また救急車を呼ばないといけないくらい
大量出血したらどうしよう😖💧
と不安なまま年末年始を過ごしました
(幸いほとんど出血はなかったです☺️)


まだ終わらないですね~😅
病気の経緯4に続けたいとおもいます

最後までお読みくださって
ありがとうございます🍎